不動産に関することでお困りなら|専門業者が解決案を提示します

積み木の家

活用法は無限大

家

現在東京の住宅市場には多くの中古不動産や賃貸物件が存在しています。それらは立地や何階建てかなどの基本データを元に取引価格が設定されていますが、それ以外にも「どういった状態の物件なのか」という基準を元に価格が増減します。新築以外の物件においては、以前の家主がどういう使い方をしていたか、なぜ手放したかが重要です。ゴミ屋敷化していた住宅や損傷の酷い住宅の場合は、どうしても取引価格は低くなってしまうでしょう。中でも、特に価値が低下してしまうのが事故物件です。事故物件は人命に関わる事件や孤独死などが発生してしまった物件の事で、何の損傷が無くても「いわくつき物件」として扱われ、どうしても価値が低くなってしまうのです。賃貸物件として活用していたマンションの一室が事故物件になった場合などは、その扱い方に困ってしまう家主の方も少なくありません。

事故物件は一見するとネガティブなイメージの物件に見えますが、実際にネガティブな要素は殆どありません。部屋の中も綺麗にクリーニングが施されているため、通常の物件と寸分違わずに利用することが出来ます。むしろ借りる側が格安の物件として割り切れれば、純粋な格安物件として利用することが可能でしょう。実際、東京など住宅需要の多い地域では、事故物件の需要も高まっています。東京は住宅だけでなく、駐車場やバーチャルオフィスと言った様々な方法で事故物件を活用できます。また、貸し会議室として事故物件をリフォームすることも可能でしょう。東京は働き手の多い地域なので、こういったビジネスに活用できる物件として活用することは難しくありません。リフォーム等を行わずそのまま賃貸に利用する場合でも、学生の多いエリアなら需要は高く借り手もつきやすいです。このように事故物件は無数に活用方法があるので、物件の立地に合った活用法を模索してみましょう。事故物件を専門に取り扱う業者から、アドバイスを貰うのも効果的です。